• ホーム
  • AGAの男女比率には大きな偏りがある

AGAの男女比率には大きな偏りがある

基本的に、AGAの男女比率には大きな偏りが存在します。
そもそも、AGAは女性に対しては発症しない症状であるため男女比率で言えば女性は全くの0と言っても過言ではありません。
AGAの男女比率を見ることは出来ないため、男性のみの症状だとはっきり言えるのです。

そもそも、AGAは男女問わずに誰もが発症する症状ではありません。
男性ホルモンを多く持っている男性のみが発症する症状です。
だからこそ、男性型脱毛症という名称が付けられており、女性にはない症状だと言えるのです。

女性の薄毛の原因は、主に日常生活の不規則さやそれに伴うストレスです。
例えば、頭皮に対して悪い影響を与えるパーマを定期的に行ったり、遊びや仕事などによって睡眠時間を削られたりするとそれによって薄毛が一気に進行します。

ところが、男性の場合には先天的な体質で薄毛が進行するかどうかが最初から決まってしまうことがあるのです。
ホルモンの量によって生まれつき決まっていることであるため、日常生活を改善したり食事を変えたりすることによってなかなか育毛を実現することは出来ません。
AGAになっている人は、薬で治療する他ないのです。

事実、AGAで利用されている薬は男性しか服用することが出来ません。
その薬に関しては、女性は触れることすらできない状況になっているのです。
過去の事例としては、妊娠している女性がその薬に触れてしまって身体に著しい悪影響が出たというケースがあるくらいです。
そのため、男性はAGA治療のために薬を貰ったときには女性が触れることが出来ない場所に薬を保管しなくてはいけません。
このようにAGAに関しては明確に男女の違いがあることを理解しておきましょう。