女性も薄毛になる原因

心配している女性

男性だけでなく女性も薄毛になることがあります。
髪にだんだんハリやコシがなくなってしまい、抜け毛がおきるのが特徴です。
その原因は加齢にともなっておきるホルモンバランスが崩れてしまうことです。

ではホルモンバランスの乱れはなぜおきるのでしょうか。
遺伝的な要素もあるのですがストレスが大きいとされています。
女性ホルモンの分泌は視床下部・下垂体など脳からの指令で行われます。
その脳がストレスを感じてしまうとホルモンバランスを保つためにうまく機能しなくなります。
睡眠不足や痩せたいと思うあまり無理なダイエットをしてしまうと栄養不足になり、このことがホルモンバランスの乱れにつながります。

またストレスは血流を悪化させます。
四肢の冷えだけでなく髪をつくるための細胞に必要な栄養が行き渡らなくなり抜け毛を増やすことになります。
また抜け毛にあまり神経質になってしまうとこれ自体がストレスとなり悪循環をおこします。
あまり思い詰めないことです。

さて育毛剤にツゲインがあります。
これはロゲインのジェネリック医薬品でロゲインよりも安く購入できるのが魅力です。
ミノキシジルを含有した塗布タイプ育毛剤です。
ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮への血行を促進することで薄毛を改善します。

主に頭頂部の薄毛に効果的とされていますが、大量に使用することで効果が増すというものではありません。
容量は守るようにしないと副作用のリスクが高まるだけです。
またツゲインを使用する場合、有効成分を頭皮へ浸透させる必要があります。
そのためにも整髪料を使うときは塗布したツゲインが乾いてからにしましょう。
そうしないとうまく浸透しないことがあります。
また塗布後4時間は洗髪をしないようにしましょう。